パーソナルカラーとは?

「その人を輝かせる色のグループ」のこと。

「パーソナルカラー」は1色ではないのです。

personalcolor_3

 

どちらが「パーソナルカラー?」

実は、着ている洋服やメイクの色味で

顔色や印象が違って見えるのをご存じですか?

 

たとえばこちらのモデルさん、

20131012 HP 240 20131012 HP 241

濃いピンクと淡いピンク、どちらが

より明るく、

はつらつと見えているでしょうか。

 

メイクはまったく変えず、顔の下にあてる

布の色だけを変えていますが、

濃いピンクのほうが血色がよく、明るく見えています。

 

布の色が反射して、頬や唇に自然な赤みがプラス

されているのです。

 

淡いピンクの場合、血色が奪われて

体調が悪そう/おとなしそう、という印象です。

顔の大きさも少し大きく見えてしまいますね。

 

そのため、このモデルさんの場合は、ピンクで診断すると、

濃くて強い発色の左の色味がパーソナルカラー、ということになります。

 

「パーソナルカラー」はカラフルな色だけじゃない!

この場合、ピンクで診断していますが、

青、緑、黄色、赤、

なんとベーシックカラー(黒・茶・グレー・ベージュなど)に至るまで、

同じような傾向が出てくるのです!

 

たとえば、「黒」は万人に似合う色のように思えますが、

パーソナルカラーがサマーやスプリングの人にとっては

印象がきつく見える色(=パーソナルカラーではない)に

分類されるのです。

 

パーソナルカラーがもたらすうれしい効果

パーソナルカラー診断を受けると、こんなことが起こります。

肌が美しくみえる色がわかる

血色がよくみえる色がわかる

瞳が輝いて見える色がわかる

取り入れる色のバリエーションが広がる

買い物の失敗がなくなる

 

その結果…

第一印象UP!

自分の個性を活かせるようになる

自分に自信がもてるようになる

たかが色、されど色。

パーソナルカラーを味方につけると、

いろいろな場面であなたを輝かせてくれるのです!

Natura Styleのパーソナルカラー診断の特徴

Natura Styleのパーソナルカラー診断では、

パーソナルカラーのタイプを10タイプに分けて診断しています。

パーソナルカラータイプを見極めるポイントになるのは、

色のこんな要素です。

 

・濃い⇔薄い

・青味⇔黄味

・鮮やか(にごりなし)⇔ニュアンスカラー(にごりあり)

 

・「濃い」「青味」が得意な方(パーソナルカラー: ウィンタータイプ)の

パーソナルカラーの一部をご紹介!

personalcolor_1

(写真は、パーソナルカラーの中からさらにお似合いになる色を

絞り込んで診断した、「ベストカラー」です)

 

・「青味/黄味」より「色の鮮やかさ」が

もっとも重要な方(パーソナルカラー:ブライトタイプ)の
パーソナルカラーの一部をご紹介!

personalcolor_2

(こちらの写真も、パーソナルカラーの中からさらにお似合いになる色を

絞り込んで診断した、「ベストカラー」です)

 

便宜上、パーソナルカラーのタイプ分けはしていますが、

パーソナルカラー診断の目的は単に「タイプ分け」することではなく

 

「色のどんな性質がその人の魅力を一番引き立たせてくれるのか」を

診断すること。

 

診断されたタイプにしばられすぎて、かえって色を選べなくなってしまうのは悲しいですよね…

 

そのため、10タイプの中からパーソナルカラータイプの診断結果をお伝えしつつ、

そのほかのパーソナルカラータイプの中でも挑戦できそうな範囲がある場合、

必ず合わせてお伝えしています。

 

さて、あなたにとって得意なポイントはなんでしょう!

 

パーソナルカラーがわかると、色選びの幅がぐんと広がりますよ。

 

「パーソナルカラー診断」を含むコンサルティングメニューはこちら 

・「あなただけのファッションの法則」パーソナルコンサルティング
・「あなただけのファッションの法則」グループコンサルティング

ファッションで未来をつくるイメージコンサルティング Natura Style

30代、40代 大人の女性のためのパーソナルファッションスタイリング・パーソナルカラー診断・ファッションスタイル診断・オンラインスタイリング